ウサギと暮らす日常【ウサくら】|うさぎの総合情報サイト〜ウサギに関する様々な情報を掲載しています〜

【うさぎ雑学】ウサギの数え方〜羽?匹?正しいのはどっち

うさぎの数え方アイキャッチ

こんにちは、ウサくらです。皆さんはうさぎの数え方について疑問に思ったことはありませんか?

ウサくらも含め、うさぎ飼いの皆さんは「匹」と数える方が多いと思いますが、一般的には「羽(わ)」と数えられています。どちらで数えても決して間違いとは言い切れませんが、なぜ鳥でもないウサギが「羽」と数えられるようになったのか?今回はその意外な理由についてのうさぎ雑学をご紹介します。


ウサギを「羽」と数える理由

うさぎの数え方に関する画像①

ウサギは鳥だと思われていた?

うさぎが「羽」と数えられる理由には【ウサギは鳥の仲間だと思われていた】という話があります。ウサギが鳥の仲間であるとされていた理由は

長い耳が鳥の羽に見えるから

「鵜(う)」や「鷺(さぎ)」など同じ名前の鳥がいるから

捕まえる際に網を用いるから

2本足で立っていることがあるから

かなり強引な気もしますが…先人たちは上記のような理由からウサギを鳥の仲間と考えていたようです。

なぜ鳥の仲間と考えられたか

うさぎの数え方に関する画像②

前述の通り、先人たちはかなり強引とも思える謎の思考回路でウサギを鳥の仲間だと考えていたようです。では、いったいなぜそこまでしてウサギを鳥扱いする必要があったのでしょうか?

その背景には、先人たちの仏教への信仰が深く関わっていると言われています。

仏教の教えでは4本足の動物を食べることが禁止されていました。そのため、僧侶たちがウサギを食べるために、上記のような強引な理由をこじつけ「ウサギは鳥」と考えるようになったと言われています。

食料が不足している地域では、鳥やウサギを食べなければ生き延びられなかったのかもしれませんが、うさぎ飼いからすると僧侶たちを見る目が変わってしまいそうなショッキングな事実ですね。


まとめ

「うさぎは鳥の仲間」と考え「羽」と数えるのは鳥扱いすることによりウサギを食べることができるという理由からでした。うさぎ飼いの皆さんが「匹」と数えるのも納得ですよね。

フレンチのジビエ料理などで兎肉を使ったものも決して珍しくはありませんが、どんなに高級で美味しい料理だとしてもウサくらは絶対に食べたくない…と思っています。おそらくウサくらに限らずうさぎ飼いの方皆さんに言えることだと思いますが…

今回は少しショッキングなうさぎ雑学をお届けました。最後までお読みくださりありがとうございました。

\CLICKで応援お願いします/

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

プロフィール

\CLICKで応援お願いします/


topに戻る