ウサギと暮らす日常【ウサくら】|うさぎの総合情報サイト〜ウサギに関する様々な情報を掲載しています〜

うさぎの飼育にかかる費用は月々いくら?

うさぎの飼育にかかるお金キャッチ画像

こんにちは!ウサくらです。
今回は、うさぎに限らず、ペットと暮らすにあたって必要になるお金にまつわるお話です。

これからペットとの暮らしを考えている方には特に参考にしていただきたいです。
月々必要になるおおまかな費用を把握することで、人間もウサギも不自由なく幸せに暮らせるかを想像できます。
また、当たり前のことではありますがお迎えするのであればどんなことがあっても最期のその日まで責任を持ってお世話をしていくことが大切です。この決意ができない方はペット飼うべきではないでしょう。

掲載する内容は我が家での場合を例にしていますので、「もっとかかるよ」や「そんなにかからないよ」などのご意見もあると思いますがご了承ください。


お迎え時

ネザーランドドワーフ

ウサギ本体の価格(生体代)は8,000円〜100,000円前後と大きな差があります。品種や血統書の有無などによって左右されます。必ずしも「値段の高いうさぎだから可愛い」というわけでもないので、ビビッときた運命の子を選ぶようにすると良いでしょう。

またお迎え時には、ケージ・トイレ・エサ箱・給水機・牧草入れ・ペットシーツ・ごはんなどが必要になります。
購入する店舗にもよりますが15,000円〜25,000円前後で揃えることができます。


ごはん代(オヤツ含)

うさぎのフード代

3,000円〜5,000円/月

購入するペレット・チモシーの種類・多頭飼いの有無により前後しますが、うさぎ1匹の主食となるペレット・チモシーなどごはん・オヤツにかかる費用はこのくらいが一般的ではないでしょうか。
野菜や果物をご自身で加工してうさぎのオヤツを手作りされている飼い主さんもいらっしゃるようです。原材料などを気にすることなく、安全なものを食べさせてあげられますね。
ウサくらも見習わねば・・・




医療費(病院代)

うさぎの医療費

2,000円〜数万円/月

うさぎの体調によって月々にかかる費用は大きく変わってきます。一度も病院にかからず0円で済む月ももちろんありますが、大きな病気や怪我により手術や入院などが必要になってしまった場合、想像しているよりもずっと費用がかかります。
爪切りや定期の健康チェックだけで済む健康なうさぎなら月1,000円〜3,000円の間で十分おさまるでしょう。

万が一に備え、ペット保険に加入しておくのもよいかもしれませんね。この場合、医療費の他に月々定額の保険料がかかることになります。保険料はペットの種類・年齢などにより価格に差があるため、保険会社に問い合わせ・資料請求をすると良いでしょう。
下記関連記事からペット保険の無料資料請求が可能です。興味のある方は是非ご覧ください。



光熱費

〜10,000円前後/月

ランニングコストとして地味〜にお金がかかっているのがこの光熱費。

うさぎと暮らすには室内の温度・湿度の管理が必須です。地域にもよりますが、我が家では季節問わずほとんどの間エアコンをつけっぱなしにています。


その他消耗品

1,000円〜3,000円程度/月

かじり木やマットなどの遊び道具、トイレ砂やペットシートなどの掃除用消耗品を購入する際に必要な費用です。

万が一に備えての貯金

1,000円〜3,000円程度/月

医療費の項目でもお話ししましたが、大きな病気やケガをしてしまった時は高額な医療費が必要となります。
ペット保険に加入されていない方は、万が一に備えて月々少額ずつでも医療費用貯金をしておくことをオススメします。保険に入ったつもり貯金です(笑)

大切なうさぎに何かあった際、お金の都合で満足のいく治療を行えなかったとなれば悔やんでも悔やみきれません。いつ訪れるか分からない万が一に備えておくことはとても重要です。



終わりに

今回はうさぎと暮らすにあたり、月々どのくらいのお金が必要になるのかをざっくりとご紹介してきました。掲載し忘れているものもあるかもしれませんので、その時はコメント欄等で教えていただければ随時追加・更新していきます。

\CLICKで応援お願いします/


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

プロフィール

\CLICKで応援お願いします/


topに戻る